アプリケーション開発のバグフィックス経験

アプリケーション開発で作り出したソフトウェアは、何らかのバグを含んでいる可能性は否定できません。
一般的な使用には十分に機能しても、特殊な条件が偶然重なった場合には、本来果たすべき機能に不具合を生じさせます。
IT技術が高度に発達した現在においても、バグを完全に取り除くための技術については、まだ確立されていません。

アプリケーション開発で大きなリスクとなるバグをできるだけなくすため、その開発者に求められるのが、バグフィックスの経験です。
過去にバグを修正した経験があれば、同じ過ちを繰り返す可能性は低くなります。
アプリケーション開発のプロジェクトに多く携わるにしたがって、数々のバグを修正する経験も積み重なってきます。そうすれば、すでに設計段階でバグが生じる危険性についても、ある程度は予見することができるようになれます。

アプリケーション開発に携わるスタッフには、一人でもバグフィックスに高度な経験を持つ人物を配置することがふさわしいです。
そうすれば、アプリケーションの開発の重要なパートにおいて、致命的なバグを見逃すといった問題を避けることができます。
また、その後にアプリケーションに対する動作テストを繰り返すことで、潜在的なアプリケーションのバグを修正し、感製版のアプリケーションリリースへと少しずつ近づいていけます。
バグフィックスの経験を積み重ねて、迅速に問題を解消することが、開発期間の短縮やコスト削減にも貢献します。経験とスキルを積み、キャリアップしようと思った際に、何からスタートすればよいか・・迷うときは、ぜひこちらをご覧下さい。

キャリアアップ支援!システムエンジニア転職術◆あなたの経験とスキルを十分に活躍させるヒントが詰まっています。

Leave a Reply